スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/4/15:伯備線内でサンライズ出雲・やくも

4月15日(金)
仕事終わりに羽田空港へ直行、最終岡山便に搭乗。
熊本地震が発生したことも知らずに、レンタカーをひたすら走らせ皆生温泉に宿泊。
翌朝は黒坂~根雨のストレートへ。お目当ては、国内最後の定期寝台特急となった「サンライズエクスプレス」。


【黒坂~根雨】
16/04/15 4031M (08:34)行く先にカーブがあるためか、低速で通過していった寝台特急「サンライズ出雲」。
充当編成は、後藤車両所所属の285系I1編成でした。


16/04/15 1001M (08:50)増結がなされていない基本編成単独の特急「やくも」1号。
4両という短編成では特急電車も様にならない。


16/04/15 1003M (09:50)今度は6両編成の特急「やくも」3号がやってきた。
JR西日本特有の塗装の退色&パッチワーク(部分的補修)で見るも無残・・・



【上石見~新郷】
倉敷へ戻る途中で見つけた撮影地。背後には人家がちらほらあるが、電車で隠せばスッキリとした写真に。
場所としては、新郷農産共同加工場付近の新郷駅寄りにある更地から撮影。
16/04/15 1010M (10:19)岡山行きの特急「やくも」10号が6両編成でやってきた。
こちらの編成も退色&部分補修がよく目立つ・・・
先頭のクモハ381だが、502号車より電連改造工事が始まっている。この形状のスカートも見納めになるのだろうか!?



倉敷でレンタカーを返却した後、倉敷美観地区と大原美術館を見学。
翌日から仕事があるため、帰りは「のぞみ」号でその日のうちに帰宅。
岡山デスティネーションキャンペーン実施中ということもあり、活気のある岡山。
「サンライズ出雲」・「やくも」の撮影ついでに、観光するのもなかなか楽しい。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : 伯備線 サンライズ出雲 やくも 285系 381系

2016/03/22:特別なトワイライトエクスプレス

3月22日(火)
19時すぎに第7高梁川橋梁へ到着。すでに20台以上の三脚が並んでおり、場所取りの過熱ぶりに驚愕。
井倉周辺はコンビニすらない辺境の地。車で新見付近へ移動するも、食事処は20時で店仕舞。入浴施設もない。
仕方なく夕食はロードサイドのファミレスで済ませ、米子市内まで足を延ばしてネットカフェで宿泊。夜明けを待つ。


【岸本~伯耆溝口】
16/03/22 9036レ (06:57)追っかけが可能だったため、伯耆溝口付近で撮影。
山影が抜けると期待していたが、通過時まで抜けることはなかった。残念・・・



【井倉~方谷】
井倉へ8時半ごろに戻ってくると、すでに三脚の林ができつつある状態。
三脚の隙間をすり抜けてキープしておいた地点に到着。特別なトワイライトエクスプレスに備えて撮影開始。
16/03/22 3082レ (09:07) EF64-1024牽引の貨物列車がやってきた。
国鉄色の機関車が来ればよかったのに・・・


16/03/22 1008M (09:45)特急「やくも」8号で構図合わせ。
日根野と福知山の381系が全廃された今、後藤の381系もいつまで活躍するであろうか。


16/03/22 9036レ (10:17)待つこと2時間近く、本命の「特別なトワイライトエクスプレス」がやってきた。
運転最終日となった同日の牽引機はDD51-1186と1179号機。
雲一つなく、山も陰ることなく、順光状態で撮影できて大満足。


美袋の牽引機付替えは見物せず、「さくら」と「のぞみ」を乗り継ぎ帰京。
一旦家へ立ち寄り、夜からの飲み会に参加。
前夜は終電まで飲み、翌朝は初発の新幹線。挙句の果てにネカフェ宿泊だったのでクタクタでした。
それにしても、今後も疲れた身体に鞭打ってまで撮影したい被写体はあるだろうか・・・

今回の撮影は以上にて終わりです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : 伯備線 DD51 381系 EF64 トワイライトエクスプレス やくも

2016/03/21:115系シティライナー

3月21日(月)
前夜は終電前まで飲んでいたものの、なんとか起床して品川始発の「のぞみ」99号に乗車。
向かうは広島、快速「115系シティライナー」を撮影しにゆく。


【大竹~和木】
16/03/21 9337M (13:29) 9337Mは広セキ所属の115系O-04編成による運転。末期色ではなく、広島更新色なのが嬉しい。
国鉄末期の「ひろしまシティ電車」のヘッドマーク(複製)、快速幕を使用するなど、結構な気合の入れよう。
当日の115系シティライナーは2本体制で運転されており、もう一本は同じく広島更新色のL-19編成が充当されていた。



シティライナー撮影後は厳島神社へ。
途中、宮島口駅前の「うえの」に立ち寄る。食べるは名物のあなごめし。甘みのあるふっくらとした穴子が美味しかった。
16/03/21 Itsukushima (15:32)三連休最終日ではあるものの、家族客や外国人客で大賑わい。
次回はゆったりと散策をしたいので、平日の朝早くに訪れたいものだ。


宮島を早々に後にして、広島で「さくら」、福山で快速「サンライナー」と乗り継いで倉敷へ。
駅前でレンタカーを借りて、急いで向かうは伯備線の第7高梁川橋梁。
次回は、大雛壇が組まれた特別なトワイライトエクスプレスの撮影記。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : 山陽本線 115系 シティライナー

2015/9/22:381系撮影記(こうのとり編)

9月22日(火)
こちらも3月以来の撮影となる381系特急「こうのとり」。
21日も撮影はしたものの、一日中ドン曇りだったので省略。
21日で帰京する予定でしたが、未練があったので22日も丹波地方に居残ることに。


【石生~黒井】
15/9/22 3001M (9:35)特急「こうのとり1号」をストレート区間で撮影。
3月は「ムーンライトながら」で関西入りしたため、1号には間に合わず。
今回の遠征でようやく記録することができました。

このあと3号を同区間のインカーブで撮影するも、雲に奇襲を喰らって残念な結果に・・・



【黒井~石生】
15/9/22 3014M (13:01) 3月の来訪時と同じ場所で14号を撮影。
空も車体も3月の来訪時よりも汚く、満足のいく結果ではなかったのが残念。



【市島~黒井】
15/9/22 3016M (14:56)こちらも3月に来訪した撮影地。
前回は側面がちだったため、今回は望遠気味にしてみました。
まずは構図合わせを兼ねて287系による特急「こうのとり」16号を撮影。


15/9/22 3018M (15:59)本命の381系特急「こうのとり」18号がやってきた。
背景の空は濁り、光線も薄めで不満な結果に。


気温は下がりつつあるも、空模様は相変わらず夏なのだと今回の遠征で実感しました。
やはり晩秋から春先にかけての空の色は澄み切っていて、一番見栄えが良いでしょう。
今さらながら、3月末に福知山へ足を運んでいて良かったと思いました。

このあとは名神高速道路の大渋滞を避けるため、舞鶴若狭・北陸自動車道を経由して名古屋へ。
翌日の午後から仕事だったため、新幹線を利用して帰京しました。

今回の撮影記は以上です。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : 福知山線 こうのとり 381系 287系

2015/9/20:381系撮影記(くろしお編)

9月20日(日)
引退迫る381系の特急列車を撮影するために近畿地方へ。
3月の熊野詣の際にも撮影したものの、結果は薄晴れという残念な結果でした。
リベンジすべく、再び紀伊半島の突端まで足を運ぶことにしました。


【紀伊田原~古座】
15/9/20 68M (11:10)前回は薄晴れで残念な結果に終わった古座鉄橋。
晴れてはくれたものの、日が高めで影の濃さが気になる。



【下里~紀伊浦神】
15/9/20 53M (12:47)林の中を彷徨い歩いた挙句、何とか辿り着くことができた撮影地。
大岩の頂上で撮影するため、足場は悪くとても危険でした。



【周参見~紀伊日置】
15/9/20 78M (16:03)日置川は15名近くの撮影者で賑わっていました。
引退間近だからなのか車体が汚れ、側面の光線が薄いように見える。


この日のうちに大阪市内へと移動。
宿泊施設を探して彷徨うも、シルバーウィークということもあってスーパー銭湯の仮眠室まで満室。
致し方なく江坂付近のネカフェで一夜を明かすことに・・・

翌日以降は福知山線の381系を撮影。
次回に続きます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紀勢本線 くろしお 381系

来訪者数(2014.5.11~)
プロフィール

たけつぬ

Author:たけつぬ
「たけつぬ」と申します。
2013年3月24日(日)より更新を開始いたしました。
暇を見つけては鉄道撮影へ。
主な撮影対象は東急電鉄・JRです。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。